【パーソナルジム経営者向け】最も効率的な広告集客法

『最も効率的な広告集客とは何か?』
どのオーナー様も気になっていると思いますが、ぶっちゃけパーソナルジムは立地も違えば、訴求も違うためどれが一番効率的な広告配信かというのはそのジムによる、というのが答えになります。

しかし弊社が数十社もパーソナルジムの広告運用をするなかで、一つの広告配信の王道パターンを持っております。これは実際に提案したときに、意外とびっくりされたりするオーナー様もいらっしゃいますので、ここで紹介させていただきたいと思います。

まず初めに、お客様で以下のような声を聞くことが多くあります。
『すごくよく見るから、うちもインスタ広告を出したいんだけど』
『YouTube広告とか流行っているからやってみたいんだけど』

よく見るから、流行っているから=効果が合っている
という認識はとても危険です。

確かにFacebook、インスタは弊社でもとあるパーソナルジムでCPA5000円で単月100件以上のお問い合わせを獲得した実績はありますが、2年ほど前の話です。その当時は全体の出稿量も少なかったので正直獲得しやすい時期でした。
下のグラフはFacebookの2019年のQ2から2021年のQ2までの広告費額をグラフ化したものです。広告売上は2.8兆円とかなり成長をみせております。Facebookの公告出稿量はぐんぐんと伸びているため、現在はよほど差別化ができる訴求がない限りCPA5000円で獲得することはほぼ不可能といっていいでしょう。

FB広告費

【参考】Facebook – Home

そもそも、私は店舗型×ディスプレイ広告は相性が悪いと考えております。(業態によりますが…)
Facebookの配信を例にとってみても、店舗型なので地域を限定して配信するかと思われます。そうするとターゲティングを狭めるということは当然CPCも高くなるので、かなり確度の高いユーザーを呼び込めないとCPAが合わなくなってしまいます。ディスプレイ広告というのは、かなり潜在層に当てる広告配信になりますので結果的に、効果が合わず撤退というのが多いです。
今この記事を見ていただいているオーナー様もFacebook、インスタの広告を実際にやってみたけどあまり効果が思わしくないと感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

では、最初に取り組むべき広告とは何が良いのか。それは…

リスティング広告です!!!

リスティング広告は、上記のように検索したときに上位表示される広告のことです。ユーザーの検索キーワードでターゲティングするため一番確度の高い顕在層のユーザーをターゲティングすることが可能です。そして少ない予算でも確度の高いキーワードが分かっていればすぐに反響が出るため、比較的即効性の高い施策になります。

特にパーソナルジムオーナーにとってリスティング広告は他にもメリットがございます。まず、ユーザーが検索した瞬間に広告が出てくるため、そのユーザーが高いモチベーションの時に広告に触れることになります。そのためディスプレイ広告と比べLPCVR(LPに来てからお問い合わせにつながるパーセンテージ)が高く、ユーザーの質が高いのが特徴です。

“ユーザーの質”とは何かというと、例えばジムに来店したけど、無料体験だけして帰ってしまうユーザーは一定数います。こういったユーザーを”質が悪いユーザー”というふうに定義してます。せっかく広告費をかけてお問い合わせにつなげたのにも関わらず、コースの契約につながらなければ、時間もお金も無駄に垂れ流してしまっただけになってしまうため、なるべくこういったユーザーは広告段階でフィルタリングし弾いていかなければなりません。

インスタなどのSNSの広告だとユーザーがどうゆうモチベーションで、どういうタイミングで広告に触れたかは想像することはできますが実際のところは分かりません。それに比べリスティング広告は、ユーザーがなんという検索キーワードで検索して広告に触れたかがすべて分かるため、結果として費用対効果を合わせやすいですし、『こうゆうキーワードで来るユーザーは質が悪いんだな』とかがデータとして蓄積されていき、配信していく中で質のいいユーザーのみ効率的に獲得できるようになっていくのが最大のメリットです。

いかがでしょうか?
弊社はリスティング広告をメインに、何十社とパーソナルジムの広告運用を担当しているなかで、結果が出るキーワードも熟知していますし、最大限結果がでるアカウント設計のほうのも日々Googleのアップデートをキャッチアップして試行錯誤しております。
これを見ている方の中で、

『広告代理店に任せているけど思うように結果がでていない』
『自分で運用しているけど、きちんと最適な配信が出来ているか不安だ』

というような事を思っている方はぜひ弊社にお問い合わせください。弊社ではアカウントの無料分析も行っておりますので、データを見させていただければ改善点を具体的に上げさせていただくことが出来ます。こちらはオーナー様にも喜んでもらえることが多いサービスですのでお気軽にご相談いただけますと幸いです。(お問い合わせが大変多くなった場合、無料分析を打ち切りさせていただく場合がございます)

永井 倫玖

永井 倫玖

デジタルマーケティング事業責任者/永井 倫玖

最近の記事

PAGE TOP